fc2ブログ
2023/11/23

【「勤労感謝の日」古くは、新嘗祭(にいなめさい)で、旧暦の第2の卯の日が11月23日で明治 7年以後の新嘗祭は「11月23日」に固定されました】日本の祝日

 「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と昭和23(1948)年に定められました。
 古くは、新嘗祭(にいなめさい)で、宮中では、「天皇が新穀(今年収穫された穀物)を天神地祇に勧めて神を祀り、みずからも食す」儀式が、23日の夕方から始まり翌日の未明まで執り行われます。
 今年収穫された穀物を神様に捧げて神様を祀り、 収穫をもたらした一年の勤労を尊び感謝し、国家の安泰や国民の繁栄を祈る宮中行事です。
 日本書紀には「仁徳天皇四十年(352年)」「天武天皇六年(677年)十一月乙卯の日」に新嘗祭の記述があるとのことで古くからの伝統ある儀式です。
 捧げられる米、粟は各都道府県毎に 2軒の農家が選ばれて献納されます。この伝統は明治25年に全国の都府県知事(北海道除く)連名での要請ではじまり、戦後は農協が中心となって継続されています。
 旧暦では11月の2番目の「卯の日」、11月13日から24日の間で新嘗祭が行われたようです。毎年日付は異なりますが、旧暦では平均すると11月15日頃(新暦では12月20日前後)が冬至で、冬至は夜が一番長く太陽の力が一番衰え、翌日から再び力を取り戻し始める日となるので、十一月中卯の日は、天皇自ら新穀を食すことによって新たなる力を得て、翌年の豊穣を約束するふさわしい日であるように思います。
 そのように考えると、新嘗祭が本来行われる時期は新暦では12月の冬至の日あたりになるのですが、明治 6年に改暦が行われた際、その年の旧暦の第2の卯の日が11月23日(旧暦)で、旧暦・新暦の差を考慮せずそのまま新暦の11月23日を新嘗祭の日としたことから、明治 7年以後の新嘗祭は「11月23日」に固定されたようです。

nihon-1.jpg
スポンサーサイト