fc2ブログ
2022/06/26

【地域コミュニティの普遍的価値観について<コロナ禍における地域活動を取り巻く現状>(地域活動ワンポイント知識)】

【コロナ禍における社会情勢の変化 地域コミュニティの普遍的価値観について<コロナ禍における地域活動を取り巻く現状>(地域活動ワンポイント知識)】
 コロナ禍による長期間の地域活動の制限,、イベントの中止により、すでに地域行事がないことが当たり前という状況になっています。一方で、テクノロジーの急速な進化と新しい仕組みやサービスが生まれたことで、地域のイベントに代わる活動やサービスの選択肢が増え、地域コミュニティのあり方、地域行事、イベントの意義や必要性といった価値観が従来から大きく変動しています。したがって、地域のイベントを実施し、地域行事に参加しようという機運が醸成されず、地域活動を担うスタッフの士気も上がらないため、これまで通りのやり方や内容ではスタッフを集め企画し参加者を募ることが困難な状況にあります。
感染者の下げ止まり、新たな変異株の市中感染が確認されている現況においては、十分なスタッフの感染防止対策、個々人の状況や考え方に十分配慮する必要があり、これまでのように多くのスタッフが一同に集まってイベントや行事を実施するような体制を構築することは、世論や個々人の心情的なものも含めて大変困難な状況になっています。

【コロナ禍における地域活動を取り巻く現状】
 長いコロナ禍で、新羽町の先輩方が半世紀かけて積み上げてきた地域活動のあり方、そして、地域コミュニティの価値観までもが否定されてしまうような社会情勢と住民心情の変容のなかにあって、地域コミュニティはまさに危機的な状況といっても過言ではありません。すでに、地域で活動する団体間と学校や行政とのコミュニケーションは、本音の議論ができず、また、希薄となっています。このことは、世代間の交流が途絶え、地域住民同士のコミュニケーションも希薄となって、非行やマナーの低下、犯罪の増加、治安の乱れを招くなど、地域の安全、安心すら脅かされかねない懸念も出てきます。
 地域住民間の様々な交流の機会をつくってコミュニケーションを育むことで、みんなで支え合い顔の見える安全で安心して暮らせる地域の創造は普遍的価値観です。
 たとえ小さな活動、地味なイベントしか実施できない状況であっても、今できることに取り組み実施することで、安全で安心して暮らせる地域づくりを次に繋げていく必要があります。(文責:事務局)
参考:新羽地区健民祭実行委員長町会長会議挨拶、新羽地区健民祭の開催について(町会長会議資料)


(文責:事務局 小松)
スポンサーサイト



2022/06/26

【令和4年度 新羽サマーフェスティバル、合同敬老のつどいは中止、健民祭は時間短縮で実施】

【第49回新羽地区健民祭の開催にむけて(現況と方向性について)】
 令和4年度新羽町連合町内会の地域行事について、「新羽サマーフェスティバル(盆踊り)」と「合同敬老の集い」は中止します。
 「第49回新羽地区健民祭」については、「新羽サマーフェスティバル」と「新羽地区健民祭」を融合した臨時的なイベントとします。新羽町の皆さんに会場に足を運んでいただくために、サマーフェスティバルで発表、披露していた催しを実施し、競技は接触や蜜になることがないよう見直して、すべて自由参加とします。また、地域の皆さんがチームを作って日常的に楽しんでいるさわやかスポーツや少年スポーツチームによるスポーツ体験、見学などがができるブースを設置する内容で今後具体的に検討します。
 健民祭は午前中のみとし、規模も例年に比べてかなり小さなイベントとなってしまいますが、ほぼ3年間にわたって中断してしまった地域行事を来年の50周年に向けた新しい試みへ繋げるイベントと位置づけます。

1 地域を取り巻く現状
 コロナ禍において日常活動の自粛、地域活動の制限や中止を長期間にわたって強いられてきた一方で、少しでも状況を打開しようとする試みによってテクノロジーは急速に進化し、地域コミュニティのはたしてきた役割やイベントに代わる新しい仕組み、多様なサービスが生まれて選択肢が増えました。もはや、地域の皆さんの日常においては、地域コミュニティに変わる様々な選択肢があるなかで、地域の行事やイベントがないこと、地域との関わりを意識しないことが当たり前という状況になりつつあります。
このような、これまで新羽地区の先輩方が半世紀にわたって積み上げてきた地域コミュニティの価値観、地域活動のあり方までが否定されてしまうような社会情勢と住民心情の変容のなかにあって、地域コミュニティはまさに危機的な状況といっても過言ではありません。すでに、地域で活動する団体と学校や行政との連携、協力体制は画一的、形式的なものとなり、世代間の交流や地域住民同士のコミュニケーションも希薄となって批判や不満の声も聞きます。このような状況が続くと、人々の不安は増し、マナーの低下、非行や犯罪の増加を招くなど地域の安心すら脅かされかねない懸念も出てきます。
地域住民間の様々な交流の機会を提供しコミュニケーションを育むことで、みんなで支え合い、安心して暮らせる顔の見える地域の創造は、地域コミュニティの普遍的価値観です。環境や価値観の変化に対応しつつ、今できることに取り組み実施することで、安全で安心して暮らせる地域づくりを次の世代に繋げていく必要があります。

2 方向性
⑴ 社会情勢の変化やコロナ禍での開催であることを鑑みて、第49回新羽地区健民祭は、新羽サマーフェスティバルと新羽地区健民祭を融合した臨時的なイベントとします。会場に足を運んでくれる方を少しでも増やせるよう、サマーフェスティバルで発表、披露していた催し、自由に参加できる数種類のトラック競技と地域の皆さんが日常的に楽しんでいるさわやかスポーツの実施、スポーツやレクリエーションの体験や見学ができる内容で検討し、ほぼ3年間にわたって中断してしまった地域行事を来年の50周年に向けた新しい試みへ繋げるイベントと位置づけます。

⑵ 「健民祭」を「健康で活力ある地域住民による顔の見える『わ』のまち新羽を創造する祭り」と広義に解釈し、「健民祭」の表現は残して、イベントの内容がイメージできるようなサブイベント名を付けます。

⑶ 感染状況が完全に終息していない中での準備となることから、会社や所属団体から日常生活において様々な制限の指示がある方、感染したことで不利益を被ってしまう立場にある方、高齢家族の同居や自身の持病などの事情で活動に関われない方への配慮が必要です。よって、これまでのような大所帯の組織ではなく、地域活動にご協力いただける「有志」の皆さんによる少人数の組織で、有志スタッフの意向、アイデア最優先で内容を検討し準備を進め、少ない人員でできる規模、少ないスタッフで実施可能なイベントということで今年度は実施せざるを得ません。

3 健民祭の内容について
(1) イベント名
第49回新羽地区健民祭 
一例として「にっぱ レクリエーションフェスティバル」 
「わのまち にっぱフェスティバル」
(2) 開催日時(予定)
令和4年10月16日(日)8時30分から12時00分 荒天、雨天に伴う予備日はなし
(3) 開催場所
新羽中学校校庭・体育館、新羽小学校校庭・体育館、新羽丘陵公園ほか町内各所(雨天時は、新羽中学校体育館、新羽小学校体育館)
(4) 内容
詳細は実行委員会及び協力していただける方を巻き込んで検討します。
  
4 スケジュール
 6月下旬 開催方針の確認
       関係団体、スポーツチームへの打診、調整
 7月初旬 スタッフの募集
 7月中旬 第49回新羽地区健民祭(レクリエーションフェスティバル)
        実行委員会を組織、本部役員スタッフの選出
       (事務局、会計、受付、接待、進行、参加者調整など)
 8月   実行委員会を中心に各団体、チームにて内容の企画、準備を進める
 8月下旬 チラシ、ポスター作成、掲示、協賛企業募集(依頼、振り込み)
 9月初旬 チラシ各町会、学校で配布、ご来賓、協賛企業名簿作成
      プログラム作成、開催通知作成、ご来賓、協賛企業に配布   
 10月初旬 最終調整
 10月16日 第49回新羽地区健民祭 開催

<添付のポスターは前回大会のもの>
IMG_8826.jpg
------------
2022/06/23

【定員に達したため募集締め切りました】【「小学生スポーツフェスティバル」3年ぶりの開催!2022年7月24日(日)港北スポーツセンターにて!】

【定員に達したため、募集締め切りました】
 身体を動かす楽しみを伝えるため毎年夏に開催されていた恒例イベント「小学生スポーツフェスティバル」は、新型コロナウイルス禍の影響で2019年の夏を最後に開かれていませんでした。港北区内の各地域で155人が活動する港北区スポーツ推進委員連絡協議会、区内スポーツ団体をまとめている港北区スポーツ協会、そして、港北区役所の主催で2022年7月24日(日)に3年ぶりに開催されることになりました。

 参加申込はインターネットの横浜市の電子申請システムで受け付けています。参加資格は、港北区内在住・在学の小学生とその家族で、午前と午後それぞれ先着150人ずつ募集。6月15日(水)から7月10日(日)まで。
 詳細は、港北区のホームページhttps://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/kurashi/kyodo_manabi/manabi/sports/sportsfestival.htmlでご確認ください。

04_【小学生スポフェス】チラシ01_ページ_1

04_【小学生スポフェス】チラシ01_ページ_2

イベント概要
小学生スポーツフェスティバルは、未経験のスポーツを体験し、子ども達に体を動かす楽しさを知ってもらうイベントです。
横浜のプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」も講師としてユニホックを教えてくれます!
ぜひご参加ください!!

※新型コロナウイルス感染症の動向や、高温で危険があると判断した場合は、前日までにホームページにて開催中止をお知らせします。事前に必ずこちらのホームページをご確認ください。

日  時:7月24日(日曜日)
午前の部:10時~12時
午後の部:13時30分~15時30分
場   所:港北スポーツセンター

注意事項
・未就学児は一部参加できないプログラムがございます。
・当日は室内用運動靴、汗拭きタオル、飲み物をお持ちの上、動きやすい服装でお越しください。
・新型コロナウイルス感染症の動向や、高温で危険があると判断した場合は、前日までにホームページにて開催中止をお知らせします。
 事前に必ずこちらのホームページをご確認ください。
・イベントの参加にあたっては、公共交通機関をご利用ください。

新型コロナウイルス感染症について
・マスクの着用、手洗いや手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保等、感染症対策にご協力をお願いします。
・以下の場合は、来場をお控えいただくように願いします(入場をお断りする場合があります)。
 ①来館前に検温を実施し、37.5℃以上の発熱があった場合
 ②咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、味覚・臭覚障害、嘔吐等がある場合
 ③新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある場合
 ④過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある場合

2022/06/19

【3年ぶりの開催 第28回新羽地区インディアカ大会 優勝は「ロングロングあーご」チーム】

【3年ぶりの開催 第28回新羽地区インディアカ大会 優勝は「ロングロングあーご」チーム】
 令和4年6月19日(日)3年ぶりとなる「第28回新羽地区インディアカ大会」が開催されました。コロナ禍中ということもあって、たくさんの皆さんにお声かけしたのですが、「この3年間ほとんど体を動かしていないので、いきなりはケガするから今回はパス」と言われる方が多くて、ほぼ強豪チームのみの5チームが参加してくださいました。

優勝
 ロングロングあーご
準優勝
 Milky Way
第三位
 新羽卍會
第四位
 Sky Hat
第五位
 fantastic

 前回(第25回)大会優勝のSKY HATは、予選リーグで優勝したロングロングあーごと引き分けて、得失点差で敗退してしまいました。
インディアカは、関東甲信越ブロック大会、全国大会もあります。Youtubeを見ると、わが新羽地区のチームでも十分に戦えるレベルだと思います。
ぜひ、大きな大会で活躍していただきたいなぁ、と思います。
 ちなみに、インディアカ (ドイツ語: Indiaca)はドイツで考案されたニュースポーツで、インディアカと呼ばれる羽根のついたシャトルを、バドミントンと同じ広さのコートでネットをはさんで相対した2チームが互いに手で打ち合う団体競技。バレーボールのコートより狭いので、4人 vs 4人で対戦します。ルールはほぼバレーボールと同じで、3打以内で相手コートに返せばOK。なので、ほぼブロック、レシーブ、トス、スパイクで相手コート内にボールが落ちれば1ポイントゲットで、バレーボールとほぼ同じパターンです。
 
DSC07872.jpg

DSC07856.jpg

DSC07851.jpg

DSC07883.jpg