fc2ブログ
2023/11/23

【「勤労感謝の日」古くは、新嘗祭(にいなめさい)で、旧暦の第2の卯の日が11月23日で明治 7年以後の新嘗祭は「11月23日」に固定されました】日本の祝日

 「勤労を尊び、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」と昭和23(1948)年に定められました。
 古くは、新嘗祭(にいなめさい)で、宮中では、「天皇が新穀(今年収穫された穀物)を天神地祇に勧めて神を祀り、みずからも食す」儀式が、23日の夕方から始まり翌日の未明まで執り行われます。
 今年収穫された穀物を神様に捧げて神様を祀り、 収穫をもたらした一年の勤労を尊び感謝し、国家の安泰や国民の繁栄を祈る宮中行事です。
 日本書紀には「仁徳天皇四十年(352年)」「天武天皇六年(677年)十一月乙卯の日」に新嘗祭の記述があるとのことで古くからの伝統ある儀式です。
 捧げられる米、粟は各都道府県毎に 2軒の農家が選ばれて献納されます。この伝統は明治25年に全国の都府県知事(北海道除く)連名での要請ではじまり、戦後は農協が中心となって継続されています。
 旧暦では11月の2番目の「卯の日」、11月13日から24日の間で新嘗祭が行われたようです。毎年日付は異なりますが、旧暦では平均すると11月15日頃(新暦では12月20日前後)が冬至で、冬至は夜が一番長く太陽の力が一番衰え、翌日から再び力を取り戻し始める日となるので、十一月中卯の日は、天皇自ら新穀を食すことによって新たなる力を得て、翌年の豊穣を約束するふさわしい日であるように思います。
 そのように考えると、新嘗祭が本来行われる時期は新暦では12月の冬至の日あたりになるのですが、明治 6年に改暦が行われた際、その年の旧暦の第2の卯の日が11月23日(旧暦)で、旧暦・新暦の差を考慮せずそのまま新暦の11月23日を新嘗祭の日としたことから、明治 7年以後の新嘗祭は「11月23日」に固定されたようです。

nihon-1.jpg
スポンサーサイト



2023/11/03

【11月3日は「文化の日」:日本の平和は、日本独自の文化によるところが大きいことから、日本の文化に想いを馳せる一日にしたいものです】

  「文化の日」は、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」という趣旨で1948年(昭和23)に制定されました。皇居で文化勲章の授章式が執り行わます。令和5年11月3日「文化の日」は快晴で、11月というのに半袖で過ごせるほど暖かな気持ちの良い朝を迎えていますが、晴天の日が多い気象上の特異日としても有名です。
----
<歴史のよもや話>
 かつて、11月3日は明治天皇のお誕生日でもあり、「明治節」とも呼ばれています。
 今上天皇のお誕生日は「天長節」と言います。明治天皇のお誕生日も当時は天長節(天皇誕生日)としてお祝いされておりました。明治45年7月30日、明治天皇が崩御され、大正天皇が践祚(せんそ、旧字体: 踐祚)されますと、天長節は大正天皇のお誕生日の日にあらためられましたので、11月3日は平日となりました。ところが、国民から明治天皇のご偉業を永遠に伝えていくためにも11月3日を祝日にしたいという運動が起き、崩御直後の新聞には、11月3日をどのように保存すべきかのアンケートを実施したと報道されているほどです(『国民新聞』大正元年8月13日~27日「11月3日を如何に保存すべき乎」)。この時、圧倒的に多かったのが「明治節」の名称でありました。
 大正14年に「11月3日」を祝日に制定する請願運動が行われ、二万名の署名が議会に提出され、大正14年2月23日、衆議院において満場一致で可決されましたが、大正天皇の御病気が悪化していたこともあって、貴族院での審議が中断してしまいました。
審議が再開されたのは昭和になってからで、昭和2年の3月3日、明治天皇の御聖徳を敬仰して「明治節」として制定されました。
 日本の天皇陛下はいつの時代も国民の安寧を願い、平和と愛し、文化を大切にされておられます。日本の平和は、日本独自の文化によるところが大きいことから、明治天皇のご偉業を想い、日本の文化に想いを馳せる一日としたいものでございます。

nihon-1.jpg
2023/09/01

【関東大震災から100年の節目:関心を持って備えよう】日本列島は千年ぶりの「大地変動の時代」が始まっている

【関東大震災から100年の節目:関心を持って備えよう】
 ⇒印刷用PDF記事はこちら
 2023(令和5)年9月1日は、甚大な被害が発生した関東大震災(1923年 大正12年)から100年の節目を迎えます。
 大正12年(1923年)9月1日11時58分に、相模湾北西部を震源とするマグニチュード7.9と推定される大正関東地震(関東大震災)が発生しました。この地震により、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県で震度6(当時観測できたのは震度6まで)を観測。発生が、東京、横浜といった当時の木造住宅が密集する大都会で、竈の火を扱っているお昼の時間と重なったこと、日本海側にあった台風への強い風が関東地方を吹き抜けていたことから大規模な延焼火災に拡大し、公式に記録されている関東大震災の被害概況は、死者・行方不明者 14万2800人、全半壊・消失・流出・埋没の被害を受けた住家は総計70万棟(放火などによる2次災害含む)に及び甚大な被害をもたらしています。

<関東大震災の被害は今も日本災害史上最大で東日本大震災の7倍>
 東日本大震災では、地震被害に加えて津波が発生し、福島第一原子力発電所の事故がこれに重なっていますが、警視庁のまとめによると、東日本大震災の死者・行方不明者は2万208人(死者1万5741人、行方不明者4467人)です。関東大震災の死者・行方不明者は14万2800人ですので近年の大震災と比べてもその被害規模と社会経済的なインパクトは極めて大きく、この関東大震災の被害規模は現時点においても日本災害史上最大ものです。(※地震規模を示すマグネチュードでは、東日本大震災がマグニチュード9.0で日本の観測史上最大の地震です。平成7年の阪神淡路大震災はマグニチュード7.3です。)

<日本列島は千年ぶりの「大地変動の時代」が始まっている>
 この2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は、平安時代に発生した貞観三陸沖地震(869年 貞観11年)の状況とそっくりだと言われています。そして、18年後の887(仁和3)年にマグニチュード8.7あるいはそれ以上とも推定される仁和地震が発生しています。東日本大震災からまだ12年(2023年現在)です。「災害は忘れたころにやってくる」ではありませんが、まだまだ日頃から公私にわたって、関心を持って備えていただきたいと思います。


1 日本列島は千年ぶりの「大地変動の時代」が始まった

 現在の日本列島周辺の地盤は、平成23(2011)年3月11日に起きた東日本大震災によって加えられた歪みが修正される過程にあるという。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)は、平安時代に発生した貞観三陸沖地震(869年 貞観11年)と状況が似ていることから、その12年後887(仁和3)年に発生した日本全国巨大地震級「五畿七道(ごきしちどう)巨大地震」と記録されている仁和地震(南海トラフ巨大地震)の再来があるとの予測もあり、日本列島は千年ぶりの「大地変動の時代」が始まっていると、多くの研究機関から注意喚起があります。
---------------
【東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)前後の地震と火山の噴火】
2011年1月26日 宮崎県境にある霧島山系の新燃岳(しんもえだけ)が噴火
2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震(マグニチュード 9.0)震度7(強宮城県栗原市)
2011年3月12日 長野県北部地震長野県北部(マグニチュード 6.7) 震度6強
2011年3月15日 静岡県東部地震静岡県東部(マグニチュード 6.4) 震度6強
2011年4月7日  宮城県沖地震 宮城県沖(マグニチュード 7.2) 震度6強
2011年4月11日 福島県浜通り地震 福島県浜通り(マグニチュード 7) 震度6弱
2013年4月13日 淡路島地震 淡路島付近(マグニチュード 6.3) 震度6弱
2014年9月27日 長野・岐阜県境にある御嶽山(3067メートル)噴火
2014年11月22日 長野県北部地震 長野県北部(マグニチュード 6.7) 震度6弱
2015年5月3日  箱根で火山性地震増加
2015年5月21日 桜島で大きな噴火 山体が膨張し続け2020年ごろに大噴火か
2015年5月29日 口永良部島噴火 灰の傘、山肌走る火砕流
2015年6月16日 浅間山噴火。19日夕方にもごく小規模な噴火
2016年3月11日 鹿児島県のトカラ列島にある諏訪之瀬島で爆発的な噴火
2016年4月14日 熊本地震 熊本県熊本地方(マグニチュード 6.5) 震度7
2016年5月1日  桜島噴火 爆発的噴火で火口縁上4100mまで噴煙上昇
2016年10月21日 鳥取県中部地震 鳥取県中部(マグニチュード 6.6) 震度6弱
2016年11月8日 阿蘇山噴火
2016年11月22日 福島県沖を震源とするM7・4の地震。東北地方太平洋沖地震の5年8か月ぶりの余震

20230901-1.jpg
「引用:防災科学情報発信のあり方 海洋研究開発機構 金田義行」


2 平安時代に連続して起きた地震と噴火がそっくり
 1148年前の平安時代869年の貞観11年に貞観三陸沖地震が発生。この貞観三陸沖地震に前後して5年前の864年(貞観6年)から866年(貞観8年)まで富士山の貞観大噴火が発生し、その21年後、貞観三陸沖地震から18年後の887年(仁和3年)、マグニチュード8.7 あるいはそれ以上とも推定され、世界最大の地震とも言われている仁和地震が発生しています。
 別称「五畿七道(ごきしちどう)巨大地震」とも記録され、近畿地方の五機(大和、山城、河内、和泉、摂津)と七道(東海道、東山道、北陸道、山陰道、山陽道、南海道、西海道)転じて日本列島全体が激しく揺れ動いた「日本全国巨大地震」でした。
 このときは、フィリピン海プレートが全面的に大きくづり動き、そのプレートのもぐりこんだ最先端に位置する中央構造線の和泉~石鎚活断層が5m~10mづり動いたとされています。

---------------
【今からおおよそ1150年前の平安時代に連続して起きた地震と噴火】
864年(貞観6年)から866年(貞観8年)まで富士山の貞観大噴火
867年(貞観9年)阿蘇山大噴火
868年(貞観10年)7月8日、播磨国(兵庫)で地震。官舎、諸寺堂塔ことごとく頽倒の記述
869年(貞観11年)貞観三陸沖地震。貞観津波が発生
871年(貞観13年)鳥海山噴火
874年(貞観16年)開聞岳噴火
878年(元慶2年)相模・武蔵地震(関東地方)伊勢原断層M 7.4
887年(仁和3年)仁和地震。「五畿七道(ごきしちどう)巨大地震。南海地震、M 8.0~8.5、東海・東南海との連動説も
887年(仁和3年)八ヶ岳の水蒸気爆発。千曲川・相木川を堰き止めて“大海(南牧湖)”や“小海湖”を造った
888年(仁和4年)大海(南牧湖)が決壊 善光寺平まで被害が及ぶ

20230901-2.jpg
「引用:防災科学情報発信のあり方 海洋研究開発機構 金田義行」


3 10年以内の南海トラフ巨大地震発生確率 20~30%

 政府の地震調査委員会は2017年1月1日現在の活断層や海溝型地震の長期評価を1月13日に発表し、南海トラフ沿いで10年以内にマグニチュード(M)8~9級の地震が発生する確率を「20~30%」としました。
 ちなみに、富士山の噴火については、琉球大学名誉教授の木村政昭さんが「すでにふもとにあたる富士宮市で突然地下水が噴き出す異常湧水が発生しています。山梨県から富士山を上る滝沢林道は300mにわたり道路が崩壊。それらはマグマが上昇してきたことを間接的に示しています」とし、噴火は「2014年±5年」と予測しています。
<参考:富士山はいつ噴火してもおかしくない状況と木村政昭教授が指摘>
http://news.livedoor.com/article/detail/9714177/


20230901-3.jpg


「引用:防災科学情報発信のあり方 海洋研究開発機構 金田義行」
【参考:東北北関東沖・関東のM7以上の大きな地震】
869年7月9日(貞観11年5月26日:旧暦)貞観三陸沖大地震(マグニチュード8.6~9.0)、死者約1000人
887年8月22日(仁和3年7月30日:旧暦)仁和地震(マグニチュード8.7)
1611年12月2日(慶長16年10月28日:旧暦)慶長三陸地震(マグニチュード8.1)、死者2000人から5000人
1677年11月4日(延宝5年10月9日:旧暦)延宝房総沖地震(マグニチュード7.4~8.0)、流潰家1893軒、死者数569人
1703年12月31日(元禄16年11月23日:旧暦)元禄(関東)地震(マグニチュード7.9~8.5)
1793年2月17日(寛政5年1月7日:旧暦)寛政地震(マグニチュード8.0~8.4)、死者100人
1894年6月20日(明治27年)明治東京地震(マグニチュード7.0)、死者・行方不明者31人
1895年1月18日(明治28年)茨城県南部地震(マグニチュード7.2)、死者9人
1896年6月15日(明治29年)明治三陸沖地震(マグニチュード8.5)、死者・行方不明者21959人
1909年3月13日(明治42年)房総沖地震(マグニチュード7.5)
1921年12月8日(大正10年)茨城県南部地震(マグニチュード7.0)
1923年3月13日(大正12年)大正関東地震(関東大震災)(マグニチュード7.9)、死者・行方不明者150,000人
1933年3月3日(昭和8年)昭和三陸沖地震(マグニチュード8.1)、死者・行方不明者3064人
1953年11月26日(昭和28年)房総沖地震(マグニチュード7.4) 
2023/06/08

【撮影してきました】<新田緑道>北新横浜・新羽でユリの花が見ごろに(新横浜新聞・しんよこ新聞に掲載)

 新横浜新聞・しんよこ新聞に掲載されました。花壇の手入れを行う『新田緑道~四季の道・健康の道公園愛護会』の浅倉会長と下村さんのまさに「作品」ですね。お昼休みにカメラ抱えて撮影してきました。
<新田緑道>北新横浜・新羽でユリの花が見ごろに
記事は⇒こちら
aCOPY020.jpg
https://shin-yoko.net/2023/06/08/nippa_ryokudo-2/

作品集
20230608_114636_0.jpg

20230608_115212_0.jpg

20230608_115218_0.jpg

20230608_115044_0.jpg

20230608_115458_0.jpg

20230608_115359_0.jpg

20230608_115525_0.jpg

20230608_115256_0.jpg

20230608_115556_0.jpg

20230608_115653_0.jpg

20230608_115546_0.jpg

20230608_115712_0.jpg

20230608_120233_0.jpg

20230608_115738_0.jpg

20230608_115757_0.jpg

20230608_120303_0.jpg

20230608_121420_0.jpg

20230608_120807_0.jpg

20230608_121518_0.jpg

20230608_121507_0.jpg

20230608_121651_0.jpg

20230608_121625_0.jpg

20230608_121707_0.jpg

20230608_121736_0.jpg

20230608_121813_0.jpg

20230608_122132_0.jpg

20230608_122117_0.jpg

saigo.jpg



(文責:事務局 小松)
2023/04/10

【理想は「共生」そのものが意識されない社会:スポーツの力で、健康で安心して暮らせるまちづくりに貢献】

 令和5年3月末まで港北区スポーツ推進委員連絡協議会(第33期)会長をつとめた小松賢吉さん(新羽地区)は、令和4年11月に文部科学大臣表彰を受賞されたことから、港北区スポーツ推進委員広報委員会はインタビューを実施し、活き生きスポ進(港北区スポーツ推進委員広報誌)第75号に掲載しました。
 耳が聞こえない障害を持つ小松さんが地域活動に関わるきっかけとなった事件のことや、そもそも、なんのための地域活動なのか、そして、障害者の立場で考える"共生社会"とはどんな社会なのか、ご自身の言葉で語られています。

IMG_8804.jpg

インタビューに答える小松会長


【令和4年度スポーツ推進委員功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受賞 港北区スポーツ推進委員連絡協議会 小松賢吉会長】
 スポーツ推進委員(体育指導委員を含む)として永年にわたって地域スポーツの推進に功績顕著な者を文部科学大臣が功労者として表彰するもので、令和4年度は全国で84人、横浜市からは3人の委員が選ばれました。

---以下、活き生きスポ進第75号の記事より抜粋---
【スポーツ推進委員功労者表彰(文部科学大臣表彰)受賞インタビュー】
<Q1 文部科学大臣表彰を受賞した感想をお願いします。>
⇒耳の聞こえない私が27年間もの間地域活動を続けることができたのは、障害者でも活躍できる場を用意してくださった地域の先輩諸氏。できないことを手助けしてくださった各区・各地区会長の皆さん、地域の皆さん。そして、市民局、港北区役所事務局の適宜適切なご支援のお陰です。受賞は、横浜市と港北区の地域活動を評価していただいたもの。嬉しいです。

<Q2 地域活動は始めたきっかけを教えてください。>
⇒平成7(1995)年1月に「阪神淡路大震災」が、3月に「地下鉄サリン事件」の発生を機に、ご近所や地域の助け合いが〝命を繋いでいる〟ことや、親の目の届かないところで子どもたちの安全を守ることができるのは、地域住民の眼差しだということに気づいたことから地域活動に参加するようになり、平成11(1999)年から横浜市体育指導委員として活動しています。

<Q3 スポーツ推進委員活動の魅力とは何でしょうか。>
⇒スポーツを推進することは、"人と人との出会いを創造すること"に通じます。住民の皆さんが顔見知りになれば、それだけで安心できますし、子どもたちを非行や犯罪被害等から守ることにもつながります。
 スポーツは多くの人々に嬉しさ、共感、感動を与え、世代を超えた絆を醸成し、人々の心をひとつにする力を持っています。スポーツの精神に則って地域の和を育むことは、顔の見える地域を創造し、健康で安心して暮らせるまちづくりに貢献することができます。

<Q4 小松会長ご自身も障害をお持ちで活動されていますが、共生社会を築いていくためにスポーツ推進委員としてできることは何でしょうか。>
⇒理想は「共生」そのものが意識されない社会。健常者と障がい者が同じ土俵で一緒にプレーしたとして〝違和感を感じることがない〟ことがスポーツにおける真の「共生」だと思っています。いつも一緒、身近な存在であることが最も必要なこと。
 そのためにも、団体や組織のなかで一緒に活動していただいたり、地域のケアプラザや福祉施設と協力して健常者と障がい者が一緒にスポーツを楽しめる機会を作ったり、大会やイベントを実施する際は、様々な境遇の方に自由に参加していただけるよう配慮するなど、自然な交流ができる環境を作っていくことが大切です。

<Q5 「共生」そのものが意識されない社会って、どのような社会でしょうか。>
⇒車いすで移動するのに時間を要したとしても、手が不自由で書類に署名することができなくても、顔面麻痺があって笑顔を作ることができなくても、耳が聞こえなくて議事内容は議事録でしか確認できなくても....そのことに誰も違和感を覚えることがなく、必要な手助けや支援についても、「特別に対応している」といった意識や感覚がない風土です。
 あらゆる境遇の方がさまざまな社会で活躍されるようになれば、想定できないようなあらゆる事態が起きる可能性が出てきます。そのような状況に対し、臨機応変に手助けや支援ができるようななることで、自然は「共生」が育まれていくと思います。

<Q6 港北区スポーツ推進委員の皆さんにメッセージをお願いします。>
⇒第33期は、コロナ禍で思うように活動できませんでしたが、来年度は少しづつ活動できるようになると思います。スポーツ推進委員の活動は横浜市公務員としての職務であることを常に忘れることなく、何事も俯瞰的に考え、第3期横浜市スポーツ推進計画と港北区運営方針、特に「安全に、安心して暮らせるまちづくり」のために誇りをもって活動していただきたいと思います。

----
(文責:新羽地区スポーツ推進委員連絡協議会書記)

p230422_002.jpg